災害対策のための図上シミュレーション訓練を行いました。

平成31年1月15日(日)に、災害対策プロジェクト委員会内で、災害対策のための図上シミュレーション訓練を行いました。

災害対策プロジェクト委員会とは、災害時に、患者さんや職員、地域住民の方々の人命を守るために災害対策に取り組む当院独自の組織であり、災害対策マニュアルを作成し、定期的にマニュアルの見直しと整備、訓練等を実施しています。

今回行った、図上シミュレーション訓練とは、提示された災害に対し、対応を考えて回答する訓練で、2グループに分かれて、同じ課題に取り組みました。
訓練で提示された状況は、「平日の日中に、南島原市で震度6の地震が発生し、津波注意報が発令されている」というもので、初動対応・災害時の優先業務・ライフラインに障害が発生した場合の対応など、様々な観点の課題がありました。

図上シミュレーションではありましたが、課題ごとに制限時間が設けられているので、委員は緊張感をもって取り組んでいました。
また、グループで災害時の対応を検討することはとても貴重な機会で、委員同士で気づかされる部分もあり、充実した訓練になりました。

今回の図上シミュレーション訓練を行うことによって、災害対策マニュアルで不足している部分も抽出されたので、改めて災害対策マニュアルの整備を進めていくとともに、病院全体での訓練にも積極的に取り組んでいきたいと思います。
災害時に人命を守ることができるように、これからも研鑽してまいります。

2019年01月16日