院内感染防止委員会による職員研修会を行いました。

平成31年3月11日と12日の二日間、院内感染防止委員会による職員研修会を行いました。

今回の内容は、「ノロウイルス感染症の二次予防法」および「手指衛生法・咳エチケット」でした。

「ノロウイルス感染症の二次予防法」については、家族がノロウイルスに感染して嘔吐した、という設定のビデオを閲覧しながら、嘔吐物の処理や消毒の方法など、二次感染を防止するためのポイントを学習しました。

また、感染防止の基本である「手指衛生法・咳エチケット」の学習については、医療従事者として当たり前のことですが、今一度、意識を高めるという意味で、良い機会となりました。

これからも職員全員が、「院内感染を発生させない」という高い意識をもって、日常業務に取り組んでいきたいと思います。

2019年03月27日